プラセンタはどんなことに効果がある?

プラセンタを摂取したらどうなる?

女性にとっては特に気になるワード「プラセンタ」。
美意識の高い女性が美肌を保つために打つ注射というイメージが強いが、このプラセンタ(placenta)は元々、英語で胎盤という意味です。

ほ乳類の胎盤は円盤状の臓器で、胎児を包み込む羊膜と子宮を結ぶ所に、妊娠中だけ臨時的に作られるものです。
この胎盤は、まだ出来上がってない胎児の臓器を代行してくれ、母親から送られる栄養を胎児に運んだり、胎児の排泄物を母体に送る役割を果たしてくれます。
胎児に毒物などが入り込まないように守る免疫機能の働きもあり、胎盤は母体にしか作れない万能な臓器なのです。

サプリメントや化粧品、美容クリニック関連で使われるプラセンタは、胎盤そのものではなく、胎盤から細胞分裂を促する成長因子、またその他の栄養素を抽出したものです。
では、プラセンタを摂取すると具体的にどうなるのでしょうか。

肌のアンチエイジングに用いるだけではなく、体の内側から隅々まで、色んな所で肌や細胞に効果を発揮してくれ、若返らせてくれるのです。
どう体が変わっていくのか、年齢などによって効果のほどは人により異なりますが、多くの方が嬉しい効果を感じています。

主な効果は、内臓から皮膚、血管、細胞、呼吸に関わることへと多岐に渡っています。
強肝・解毒、抗炎症、血行促進・造血、血圧調節、内分泌調整、乳汁分泌促進、損傷組織の修復、細胞の新陳代謝促進、活性酸素除去、抗突然変異、自律神経調整、免疫カ強化、
呼吸促進、基礎代謝向上、 疲労回復、体質改善、抗アレルギー、食欲増進、精神安定、など、ここに挙げただけでもいかにプラセンタが万能か分かります。

なんといっても胎盤は、わずか数ヶ月という期間で、ほ乳類の皮膚や臓器など体の全てを形成することが出来るものであり、その抽出物のプラセンタだから可能なことなのです。
また古くから、不老や長寿の薬として著名人に愛用されされてきたプラセンタは、サプリメント・医薬品・注射・美容アイテムとして身近なものとなり、私たちの生活に若さと恵みを与えてくれるのです。
ページのトップへ戻る