プラセンタはどんなことに効果がある?

プラセンタの安全性と副作用

医療行為や美容に使うものですから、安全性と副作用が気になります。
プラセンタは、厚生労働省の認可を受けており、治療や内服薬・注射薬など幅広い用途で多くの医療分野で使用されています。

肝機能改善や疲労回復、体質改善、更年期障害治療のため、実に50年以上前から導入されている実績があります。
しかも、副作用がない安全な治療法と言われれいるのです。

プラセンタは化学合成して作られた薬とは違い、胎盤からの抽出物ですので、元々人間の体内に存在するものや、欠かせない栄養素などが主な成分です。
そのためプラセンタには、リバウンドしたり、依存症もありません。

また、他の薬との併用も問題ないのです。
よって、プラセンタは人体に悪影響を及ぼす副作用はありません。

ただし摂り過ぎの場合は、一時的にニキビが出たり、生理周期が早まったり、出血が多くなることも。
本来は、ニキビの発生を抑えたりホルモンバランスを整える働きがあるプラセンタですので、摂取量を守った上で飲み続けていれば、これらの症状は正常に戻っていきます。

そしてプラセンタ注射の場合は、ショックや過敏症などのアレルギー副作用、注射した部位の発疹が出る場合もあります。
治療の際は医師と相談し、体調に合わせて治療を受けることをおすすめします。

プラセンタはほ乳類動物の胎盤から抽出するものですが、豚・馬・牛などの胎盤を使うこともあれば、当然人間の胎盤からの抽出もあります。
そうなると、感染病などの安全性が気になります。

製造の過程で、感染した胎盤エキスが混入していないかや、製造者が感染症対策を徹底しているか、完成した製品の品質チェックも徹底。
胎盤に含まれる血液やホルモンなども、製造の過程で100%すべて除去されているため、注射や点滴に使用されるプラセンタに、血液やホルモンが残っているということはありません。

その他にも、B型・C型肝炎ウイルス、各種バクテリアやエイズウイルス、狂牛病の病原体であるプリオンなど、感染病原体に対する検査も行っています。
製造から品質管理まで、感染症対策がとられているので、安心して利用できます。
また、ローヤルゼリーhttp://xn--2ck2dtaci4ge6603l.net/も美容健康効果に大変優れていておすすめです。
ページのトップへ戻る