プラセンタはどんなことに効果がある?

医薬品にも使用されています

元来、医療にプラセンタは用いられていましたが、どのような症状に使うのかご紹介します。

よく知られているのはアトピーやぜんそくなどのアレルギー疾患。
他には、リウマチ、肝機能障害、胃十二指腸潰瘍や膠原病、自律神経失調症などに効果を発揮します。

そして普段の生活の妨げとなる肩こりや不眠、腰痛、関節痛、また更年期障害の改善にも効果的です。
また風邪などの免疫強化作用もプラセンタの魅力的なパワーと言えます。
勿論プラセンタの効果があるのは病気だけではありません。
それ以外にも精神安定の効果などにより、うつ病などの心の病気を持った人にも効果があると言われています。

プラセンタ治療には、注射・点滴や内服薬の方法があり、注射はよく知られていると思います。
しかし「注射はちょっと怖い」「プラセンタの効果は期待したいけど、治療のたびに注射を打つのは・・・」
という人も少なくないですよね。

そのような方におすすめなのが、プラセンタの内服薬です。
内服薬ならその都度注射する、という不安もありませんし、
注射同様のプラセンタの効果を得ることができます。
直接摂取する注射と比べ、内服薬での摂取は少々効果が弱い部分はありますが、
続けて服用することにより、注射で摂取すると同様の効果を得られます。

ただしプラセンタ内服薬は市販薬ではありません。
プラセンタ内服薬は医薬品ですので、販売などが出来るのは病院などの医療機関だけです。
健康食品などでプラセンタを使用している物もたくさん発売されていますが、
これは医薬品としてのプラセンタとは違い、豚のプラセンタエキスを使用して作られた物なのです。
豚のプラセンタエキスで作成された物は医薬品としてのプラセンタよりも効果が薄く、
期待通りの効果を得られるという保障はありません。

このようにプラセンタの効果は摂取方法や素材などにより異なります。
効果的に摂取したい場合には病院などで相談し、医師の許可を得てから摂取するようにしましょう。
また、プラセンタに負けないくらい高麗人参http://xn--gmq95j107eved.tv/も人気が高くおすすめです。
ページのトップへ戻る