プラセンタはどんなことに効果がある?

プラセンタ点滴について

プラセンタ治療の中では、プラセンタ注射が一番知られている方法ですが、実は血液中に直接注入できるという点で、プラセンタ点滴の方が即効性があります。

プラセンタ点滴の中にはプラセンタが100%が入っているわけではありません。
プラセンタ注射薬に美容ビタミンであるビタミンB群やC群を中心に配合しているものを投与します。
プラセンタ点滴のメリットとしては、プラセンタ注射に比べて痛みが少ない点です。

また、プラセンタだけではなく、ビタミンなど他の有効成分も一緒に配合して投与できることは嬉しいメリットです。
点滴にかかる時間は30分~1時間程度。
ゆっくり時間はかかりますが、その分、体中の至る所にプラセンタが浸透します。

プラセンタ点滴は美容に効果があるだけではなく疲労回復などの効果もあります。
体の中から美しくなりたいと、健康面を気にかける方には、注射よりプラセンタ点滴の方が効果が高く、大変好評なようです。
美肌や肌のアンチエイジングだけではなく、疲労回復、肩こりや腰痛の軽減、更年期障害、発毛促進などに効果があらわれますので、体を内側から改善することができるのです。

プラセンタを点滴で行うことで生じる最大のデメリットは、時間とお金がかかること。
プラセンタ注射は数分で終わりますので、通院も楽です。
しかしプラセンタ点滴となると、30分から1時間ほどの時間がかかってしまいます。
さらに料金はプラセンタ注射の約2倍かかります。

病院や点滴によっては保険適用される・されないが違ってきますので、この辺りは事前に問い合わせを行い、情報収集をされることをおすすめします。
ちなみに老化予防や体力をつけたい方、若々しいお肌を保ちたい方には、週1回のペースでプラセンタ点滴を継続するのが理想的です。

しかし、忙しい人にとって、週に一回の通院はなかなか時間も取りずらいと思いますし、余程お財布事情に余裕がある方でないと、美肌のためとはいえ継続していくのはハードルが高いと思います。
そんな方は、「医薬品にも使用されています」をご覧ください。
内服薬についてご説明しております。
通院できない場合は内服薬を服用するというのも一つの手段です。

プラセンタ点滴は、これまでに大きな副作用の報告は無いようです。
ですので、一度プラセンタ点滴で疲れを回復して効果を試してみるのは、いかがでしょうか。
ページのトップへ戻る