プラセンタはどんなことに効果がある?

お医者さんでも使われるプラセンタ

お医者さんでもプラセンタは重宝されています。
医療で使用されるプラセンタは、厚生労働省から医薬品として認可を受けたものです。

ヒトの胎盤から抽出した注射剤で、「ラエンネック」か「メルスモン」のどちらかを症状に合わせて使い分けます。
体内に直接注入しますので、プラセンタに関する経験と知識が豊富な医師から説明を受けて、治療を受けましょう。
乳汁分泌不全、 肝機能障害、更年期障害の場合は、保険適用の場合があります。
それ以外、美容目的では保険適適用外です。

プラセンタが治療に使われるのは以下の専門科です。
・皮膚科
発毛促進、アトピー性皮膚炎、じんましん、皮膚潰瘍、湿疹、腋臭、 乾癬、シミ、そばかす、タルミ、シワ、ニキビなどの効果があります。
・外科・整形外科
慢性関節リウマチ、関節炎、変形性関節症、神経痛、腰痛、肩こり、五十肩、むちうち、外傷、下肢静脈瘤、手術後の創傷治癒などに効果があります。
・婦人科
更年期障害、不感症、月経困難症、腰痛、生理痛、高プロラクチン血症、乳汁分泌不全に効果があります。
・内科
頭痛、肝硬変、肝炎、 慢性胃炎、胃弱、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、糖尿病、潰瘍性大腸炎、 高血圧、低血圧、慢性気管支炎、気管支喘息、貧血、習慣性便秘食欲不振、慢性疲労、
パーキンソン病、るいそうなどに効果があります。
・泌尿器科
夜尿症、前立腺肥大、膀胱炎に効果があります。
・歯科口腔科
歯槽膿漏、味覚低下、歯周病、口内炎、舌炎に効果があります。
・精神神経科
うつ病、自律神経失調症、神経症、不眠症、てんかん、拒食症、パニック症候群、不安神経症に効果があります。
・眼科
アレルギー性結膜炎、角膜炎、視力低下、眼精疲労、白内障に効果があります。
・耳鼻科
アレルギー性鼻炎、花粉症、耳鳴り、メニエール病、難聴、臭覚低下に効果があります。

プラセンタは化学合成薬ではありませんし、何か一つの目的のために作られたものではありません。
胎盤は、哺乳動物を作り出す優れた成分を含んでいるからこそ様々な治療で効果を発揮するのです。
ページのトップへ戻る