プラセンタはどんなことに効果がある?

美容に日ごろ必要な事

美肌やアンチエイジングのためにプラセンタを受ける女性は年々増えていますが、プラセンタの力だけに頼って、生活習慣がめちゃくちゃであれば、いつか効果が出なくなってくるでしょう。
美容のために日頃から、美を意識した生活を送るべきです。

特に大事なのが、「睡眠」です。
体の休息と再生の時間となる睡眠は肌にとっても大事です。

睡眠中に肌の奥では傷ついてしまった細胞の修復、そしてターンオーバーが行われます。
肌をダメージから守る免疫細胞や肌の潤いやピンとしたハリに必要なコラーゲンやエラスチンなども睡眠中に作られています。

睡眠時間が短い人や、夜中に目が覚めて深眠りにつくことができないなど、睡眠の質が悪い状態が続くと、肌内部ではターンオーバー機能が働かなくなります。
睡眠時間を長くとれないという方は、睡眠の質にこだわってみてはいかがでしょうか。

理想は、肌のターンオーバーが活発に働く、夜の10時から深夜2時の時間帯にはぐっすり眠っていること。
しかし、仕事で夜遅く帰宅したり、子供を寝かしつけた後に家事をするお母さんにとって、その時間に眠っているのは現実的には難しいことです。

睡眠時間を改善できない場合は、寝つきを良くし、深く眠るように心がけましょう。
気持ちよく眠れる寝具にお金を掛けることも大事だと思います。

さらに重要なのは「睡眠のサイクル」です。
サイクルをを正しくすることで、短い睡眠時間でも質の高い睡眠になるのです。
「ノンレム睡眠」と「レム睡眠」があり、これを交互に繰り返して人は寝ている、というのはご存知だと思います。

深い眠りに入っているノンレム睡眠時に、肌のダメージなどを修復してくれる「成長ホルモン」が放出。
成長ホルモンが放出されるように睡眠を取られないと、肌はいつまでたっても回復してくれません。

「美しい肌は夜につくられる」「夜10時から深夜2時のゴールデンタイム」と言われるのは、この間に肌の疲れや傷ついたダメージから回復してくれて、細胞の代謝を促す意味があるからです。
ですから、美肌のためにプラセンタを使うのも良い方法ではありますが、まずは自分が持っている肌の修復能力をきちんと働かせてあげるためにも、正しい睡眠などを心がけましょう。
ページのトップへ戻る