プラセンタはどんなことに効果がある?

普段からできる健康管理

日頃から注意すべき健康管理の方法として、睡眠、適度な運動、そして「食事」です。
一日三回という規則正しい食事は健康維持に役立ちます。

食事を抜く習慣が続くと、必要不可欠な栄養素を摂取できなくなります。
どんなに忙しくても一定の時間を目安にして食事をとることが大切です。

また、朝ご飯の重要性はよく知られていますが、きちんと食べていますでしょうか。
朝食前は血糖値が低下している状態ですので、朝食を食べないまま出勤すると体温も上がらないため、注意力散漫になります。
こうなると勉強や運動、そして仕事に身が入りません。

朝ご飯の重要性とともに知られているのは、「夜遅く食べると太る」こと。
睡眠中は、体に蓄えられている脂肪をエネルギーにして使います。

でも寝る直前や深夜帯に食事をすることで、エネルギーを多く「摂取しすぎる」と、エネルギーを睡眠中に使い切ることができませんので、脂肪として蓄積します。
夜ごはんは、できれば午後9時から10時の時間帯に食べ終えるのが理想のサイクルです。

規則正しく食生活を送るために、食事の時間だけではなく内容も重要です。
食事の量は適量かどうかや、よく噛んで食べることも大事です。
もちろん栄養バランスを考えた食事を用意しましょう。

とはいっても、仕事の関係で、自炊が出来ずに外食ばかりになる方もいらっしゃると思います。
外食やテイクアウトの場合はとくにヘルシーなものを摂取するよう工夫が必要です。

また、どうしても時間が夜遅くになる場合は、夕方に一度間食を入れたり、深夜の摂取量を思い切り減らすなどしましょう。
こうすることで、体が朝食を食べやすい状態になりますので、食事のサイクルが崩れません。

食事は「なんとなく食べる」ことではなく、「いつ、何を、どのやって」食べるかが大切。
家族が食事を用意している方は家族みんなの健康管理のため、食事を用意する方へお願いすると良いでしょう。
病気やダイエットに対応した食事や朝ご飯内容を考えてもらいます。

また、食事はやはり誰かと一緒に楽しくする、ということも大事です。
食卓を囲みだんらんしながら摂るのは最高の栄養かもしれません。
ページのトップへ戻る