プラセンタはどんなことに効果がある?

薬と注射 どっちが効果ある?

お医者さんにかかるとき、どのような投薬をされるかは診察によって違いますが、「薬と注射」ではどちらの方が効果があるのでしょうか。
「飲み薬」は自分で飲むことができますし、痛いのが苦手な方は注射を避けて飲み薬で治療したいと思いますから、痛みの点では楽に使えます。
薬を造っている製薬会社では、なるべく飲み薬で、しかも1日に飲む回数が少なくても良い薬にしようとします。

しかし、薬が効くまでの時間でいえば、飲み薬よりも注射剤のほうが早いです。
なぜかというと、飲み薬が正しく効果を発揮するためには、薬が消化管から血管に入る薬の吸収があって、血管を通って薬が患部にいく分布、そして不要なものを体内から取り除く
代謝・排泄という過程が必要となります。

これに比べて、注射剤では吸収するという過程がありませんし、あっても皮下や筋肉注射ですので早く血管に入ることができます。
ですから、飲み薬より薬が患部に届くのが早いのです。

ただし、効果が表れるのが早い分、飲み薬に比べて注射剤の方が、副作用が強く出てしまう場合があります。
例えば、喘息の例で考えてみます。

時々起こる小さな喘息の発作時は、飲み薬で対処します。
ですが、大きなひどい喘息発作を起こした場合は、注射剤の方が飲み薬よりも早く効くので効果的です。

また、喘息患者が普段使う薬には吸入剤という外用剤があります。
これは気道の炎症を抑えてくれるものです。
この吸入剤は、全身と繋がる血管に入ってから作用する「飲み薬や注射剤」とは違い、局所に作用します。
ですから、全身に副作用が出るのを防ぐことができますので、喘息の発作を予防するためにはとても適した剤形といえます。

この喘息の例のように、同じ主成分の薬でも、年齢などのライフワークにあった形態や、病気の状況によって適した形が違います。
病態の進行度によってもその患者に適した形がありますし、服用しやすいことや、携帯に便利でどこでも飲める、などの利便性も望まれますので、薬は色々な形をしているのです。
ページのトップへ戻る