プラセンタはどんなことに効果がある?

歯の病気にもプラセンタ

プラセンタの効能の中には、歯科系の病気も含まれています。
歯や口に関する症状の改善や口内炎や歯肉炎、歯周炎、歯周病や歯槽膿漏が挙げられています。
病気としての認識が低いのと歯医者への苦手意識からか、症状があらわれてもそのままにしてしまい、痛みに負けてようやく歯科医院に行くという人が多くいます。

歯周病とは、歯周病菌という細菌に感染することにより、歯茎に出血や腫れなどの症状が出てしまい、放置すると歯が抜けてしまうところまで進んでしまう恐ろしい病気です。
成人日本人の約8割が歯周病になっているとまで言われるほどであり、決して他人事ではないのです。
プラセンタが持っている抗炎症作用によって歯周病菌の除去効果と、傷ついた組織を修復する能力によって、プラセンタを用いた治療を行っている歯科医院もあります。
歯周病は生活習慣の乱れによっても進行しますので、プラセンタ治療をしながら生活習慣を見直すようにしましょう。

日本で行われた歯や口に疾患がある患者への臨床検査で、検査を受けた患者の7割を超える人に、症状の改善が見られたという結果が実証されました。
また歯や口の中で起こった炎症に限った効果ではなく、プラセンタの抗炎症効果は、体内のあらゆる炎症反応を軽減させてくれるのです。

さらに口腔内に出来た傷につきましても、新しい細胞への再生効果が働き、元通りに治すという効果がありますし、ヘルペスなどにもプラセンタを利用しています。
歯科の分野にいたっては、プラセンタの痛みを和らげる働きが、顎の周辺に起こる神経痛や、顎関節症や筋肉痛による痛みの改善に役立っているというほどの幅広さを誇ります。
口腔内は、食べ物が入ってくるせいか、雑菌の繁殖を防ぐことはできません。
また生活習慣やストレスによっても炎症がひどくなってしまう場所でもあります。

プラセンタには、炎症予防のほかにも、精神的に安定させてくれる効果がありますので、口腔内の炎症頻度を減らすのに役立ちます。
ページのトップへ戻る