プラセンタはどんなことに効果がある?

泌尿器科系の病気に

泌尿器科系の病気にも、プラセンタによって良い結果をもたらしてくれるものがあります。
プラセンタの有効成分によって、今現在効果が確認されている症状は、膀胱炎、尿道炎、前立腺肥大、インポテンツなどです。

膀胱炎や尿道炎については、細菌の感染が原因ですが、本来体内には抵抗できる力を持っているのです。
ですが、ストレスや疲労などによって抵抗力が弱くなってしまうと、細菌の侵入に対して抵抗できずに炎症を起こしてしまいます。
プラセンタはそのような弱った抵抗力を助けて、抗炎症効果は炎症反応を軽減させてくれるでしょう。

前立腺肥大は50歳を過ぎたころの男性の体内で起こる、ホルモンのバランスの崩れが原因と考えられており、ホルモンバランスの崩れによって、女性は更年期障害や骨粗鬆症に
なりますが、男性には前立腺肥大という症状があらわれるということになるといわれています。
つまりホルモンバランスの崩れによって起こるのなら、プラセンタによる治療で体内のホルモンバランスを整えるようにします。
ですが残念ながらこちらは更年期障害ではありませんので、保険が適応外になります。

インポテンツについては、慢性疾患が原因のものとして、高血圧や老化、糖尿病や前立腺手術、そして男性ホルモンの低下などがあります。
またもう一つの原因として挙げられるのが、ストレスによる心理的、精神的圧迫が引き起こすと言われており、精神疾患や心因性の原因のものがあり、うつ病も原因として考えられています。

どちらの原因であったとしても有効なのがプラセンタ治療です。
元々プラセンタには高血圧や糖尿病、ホルモンバランスなどにも効果があることは知られていますし、アンチエイジングとしての一役も担っています。
また精神を安定させる効果も期待されているのです。
泌尿器科系の病気の原因は様々にありますが、プラセンタにもそれに負けないくらいの効果があり、それぞれの原因に働きかける効能を持っているのです。
ページのトップへ戻る