プラセンタはどんなことに効果がある?

精神科系の病気にも

プラセンタには、内臓的な病気の改善だけではなく、精神的に安定させる作用があることが知られています。
精神バランスが崩れたことによって引き起こされる、精神科系の病気に効果があり、自律神経を整えて精神的に安定させられます。

プラセンタが効果をもたらすと考えられている精神科系の病気は、鬱病や自律神経失調症、不眠症などと言われています。
これらの病気についてはストレスが要因になることが多いためか、現代のようにストレスの多い社会では、患者が急増している傾向にあります。
病気自体の原因が判明するのが難しく、症状も個人差がかなりあるために、しっかりとした診断が下るまでに時間がかかってしまいます。
そのために症状が重くなってしまうことも多いのです。

プラセンタの効能が広範囲に作用することは実証済ですので、不調が良くならない場合には、一度試してみる価値はあるのではないでしょうか。
それで少しでも軽くなるようでしたらそのままプラセンタ治療を続けるなり、また時間をかけて原因を探る時間が作れることになります。
自律神経は、自分ではコントロールできない神経です。
内分泌の調整、神経の調整、精神の調整、免疫の調整が行われることによって、きちんとした体の機能を調整することが出来る大切な神経ですから、この神経がダメージを受けると
出てくる症状は、限りなくあるでしょう。

プラセンタはストレスに対する耐性を向上させるので、メンタルヘルスにも効果的なのだと言われています。
鬱病は、一般的には精神的なストレスがかかることによって、セロトニンやノルアドレナリンといった脳内神経伝達物質の働きが悪くなってしまうことで、鬱症状が発症するといわれています。
プラセンタの自律神経調整作用により、セロトニンの分泌を向上させることによって、さらには内分泌調整作用で、ノルアドレナリンなどのバランスを整えることができますので、
鬱症状が緩和されるとされています。
ページのトップへ戻る