プラセンタはどんなことに効果がある?

耳鼻科の病気にプラセンタ

プラセンタには、内科・外科などの一般的な病気以外にも、耳鼻咽喉科系などの特殊な病気にも効果があります。
例えばアレルギー性鼻炎です。
アレルギー性鼻炎の代表といえば花粉症ですね。
花粉症というと多くの人が毎年苦しむ病気ですが、プラセンタを用いた治療法で簡単に治すことができます。
通常摂取する薬が効かない時、また別の症状ともいえる副作用が出た場合には、副作用の心配がないプラセンタ治療はお勧めです。

さらにプラセンタの効果があると言われているのが蓄膿症やメニエール病などになります。
蓄膿症の原因は主に細菌感染からの炎症などが原因です。
そういった蓄膿症には抗炎症、抗アレルギーといったプラセンタの効果が効きます。

その一方で、メニエール病は薬などでは治りにくい、難病指定された病気です。
メニエール病は内耳にできる内リンパ水腫によって引き起こされると言われています。
内リンパ水腫が出来る原因などはまだ解明されていませんが、主にストレスやアレルギー、疲労などから来ると考えられています。
ストレスや疲労から起こるメニエール病は、日々忙しい現代の中で少しずつ患者が増えてきている現状があります。
職場や家庭環境、小さいお子さまであれば学校でのいじめなどで小さな頃から引き起こしてしまう人も少なくありません。

そんな難病と言われたメニエール病にもプラセンタが効果があるそうです。
プラセンタの血行促進、造血作用によって内耳の血流が促進される事がその理由の一つです。
その他にも内耳周辺に滞っていた老廃物を洗い流す効果や、自律神経調整作用がメニエール病を改善させると考えられているのです。

プラセンタの摂取方法は飲み薬や注射といった様々な方法がありますが、
一番効果的なのは注射による摂取方法です。
しかしながら、小さなお子さまや注射の痛みが苦手な人にとってはあまりオススメできないかも知れません。
そういった方には内服薬でのプラセンタ摂取が良いでしょう。
ページのトップへ戻る