プラセンタはどんなことに効果がある?

プラセンタを摂取してはいけない人とは

プラセンタのサプリメントを摂取するうえで、もっとも気を付けてほしいのはアレルギー反応によるものです。
副作用がないといっていいプラセンタにも唯一アレルギー反応が起こる可能性があるという場合があります。
アミノ酸アレルギーだったり、動物性のものがアレルギーだったりすると、プラセンタを飲んだ際に反応してしまうことがあるのです。
アレルギーを持っている人や不安がある人は、飲む前に病院でアレルギー検査に受けるなどの対策を取ったほうがいいでしょう。

また、過剰摂取も体に不調をきたす原因になるようですので気を付けましょう。
いくらプラセンタが体に良くても、飲みすぎると体調を崩したり、逆に肌が荒れてしまったりなどといった症状が起こることがあります。
もっともこれはプラセンタだけでなく、サプリメント全般に言えることでしょう。

そして摂取してはいけないというのではありませんが、摂取したら献血ができないことをご存知ですか。
厚生労働省と日本赤十字との取り決めで、平成18年からはプラセンタ注射を受けた人からは、献血してはいけないことになっているのです。
注射したプラセンタから感染し、さらに、その人の血液が輸血に使われて、二次感染するリスクを防ぐためです。
感染などしていないというでしょうし、プラセンタの注射は、医療でも認められているものです。

しかし特に心配されているのは、ヒト由来のプラセンタは、どういう病歴を持った人の胎盤を利用しているのかが明確でないという点にあるということです。
そのために、注射のアンプルを作る場合は、様々な滅菌処理を行われ、安全性を確保していますが、その処理では殺菌できないヤコブ病のウィルスがあるのです。
実際にはプラセンタ注射によってトラブルになったことはないのですが、今後も感染しないとは限りません。
ですから、病院でプラセンタの注射を受けるときは、医師から説明があり、こういうリスクがあることを承知して注射を受けるという同意書にサインを求められるようになっているのです。
また、プラセンタサプリメントを摂取する際には、良質なお水と一緒に摂取するのが良いでしょう。 ウォーターサーバーーについて詳しくはhttp://xn--z9j7ej2c8b2f6nbbb6269l3kpaq21ihje.com/
ページのトップへ戻る